<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アスター 錦木

a0055073_16335829.jpg

アスター 錦木     花入  竹手付

アスター
アスターの語は、ギリシャ語の「星」という意味の「Aster」に由来し、その花形によるといわれる。アスターと呼ばれるものには、キク科エゾギク属の一年草とキク科アスター属(シオン属)の多年草がある。一般的な花名としては、キク科エゾギク属の一年草の「蝦夷菊」をいい、中国北部・北朝鮮の原産で『郡芳譜』に「翠菊」とある。1731年(1728年説あり)にフランスの宣教師ダンカルヴィユR.P.d'Incarvilleによってパリの植物園に種子が渡り品種改良され、更にドイツで管咲の品種が育成され、江戸時代中期頃に日本に招来され、白・紅・紫の三色があり、エゾギク(蝦夷菊)・サツマコンギク(薩摩紺菊)・エドギク(江戸菊)・サツマギク(薩摩菊)・チョウセンギク(朝鮮菊)・タイミンギク(大明菊)などと呼ばれる。英名は「china aster」で、明治期に同種の新花がアスターの名で輸入されたところから園芸花名として定着したようである。数百品種が育成され、草丈(80cm以上の高性、30~80cmの中高性、30cm以下の矮性)、草型(ほうき立ち性、枝打ち性)、花の大きさ(径3~4cmの小輪、4~6cmの中輪、6~8cmの大輪、8~15cmの巨大輪)、花型(一重、半八重、八重、ポンポン咲き、針状弁、コメット咲き、他)、開花期(極早生、早生、中生、晩生)によって分類される。花期は6~10月。暖地では秋まきで6月に開花。高原では春まきで夏~秋に咲く。キク科アスター属(シオン属)の多年草(宿根草)は、一般的に宿根アスターと呼ばれ、北米やヨーロッパが原産で、クジャクソウ(孔雀草)・コンギク(紺菊)・ユウゼンギク(友禅菊)などがある。

錦木(にしきぎ)
ニシキギ科の落葉低木。山野に自生。枝にコルク質の翼が四方につき、葉は対生し楕円形で細かい鋸歯があり秋に紅葉する。初夏に淡緑色四弁の小花をつける。果実は楕円形で、晩秋に熟して果皮が割れて中から赤い仮種皮に覆われた小さい種子が露出する。別名ヤハズニシキギ。枝に翼のないものをコマユミという。和名の由来は、紅葉を錦に例えたことによる。
[PR]
by verdure4 | 2006-10-30 23:32 | 秋の茶花

薄 竜胆 山芍薬の実 秋明菊 吾亦紅 藤袴 杜鵑草

a0055073_0451356.jpg


薄 竜胆 山芍薬の実 秋明菊 吾亦紅 藤袴 杜鵑草  花入  南僚砂金袋

薄(すすき)
芒とも書く。イネ科の多年草。Miscanthus sinensis 。原産地:日本。別名「尾花(オバナ)・茅(カヤ)」。秋の七草の一つで、全国の草地に生育している。和名の由来は、すくすくと立つ木(草)という意味から、ススキと転訛したという説がある。

竜胆(りんどう)
リンドウ科の多年草。山野に生え、高さ20~60センチ。葉は先のとがった楕円形で三本の脈が目立ち、対生する。秋、青紫色の鐘状の花を数個上向きに開く。根・根茎に苦味成分を含み、漢方では干したものを竜胆(りゆうたん) の名で健胃薬とされる。和名の由来は、中国で「葉は竜葵(りゅうき)に似て、味は胆のように苦い」として竜胆(りゅうたん)といったものが転訛して「リンドウ」になったとの説がある。

山芍薬の実(やましゃくやくのみ)
山芍薬の袋果。袋果は長さ2~3センチで秋にザクロ(柘榴)のように裂開し、赤と黒の種子が出る。。赤色のものは受精していない種子、黒色のものは受精している種子。

秋明菊(しゅうめいぎく)
キンポウゲ科の多年草。古く中国から渡来したといわれる。キブネギク(貴船菊)ともいわれる。古くから日本で観賞用に栽培され,また一部 では野生化している。茎は直立してまばらに分枝し,高さ約70cm内外。 葉は3出複葉で,小葉はしばしばさらに3裂する。花は9~10月頃開き,紅紫色で径5~7cm,外側には緑色の萼片があり,内部には色のついた花弁状の萼片が多数あって平開し,キクの花のようにみえる。 和名の由来は、 秋に明るい色合いで咲くところからという説がある。

吾亦紅(われもこう)
吾木香とも書く。バラ科の多年草。山野に生え、高さ約1メートル。葉は長楕円形の小葉からなる羽状複葉で、互生する。夏から秋、分枝した茎の先に暗紅紫色の短い花穂をつける。花びらはない。根茎は黒褐色で太く、根と根茎を漢方で地楡(じゆ)といい、止血・解毒に利用する。和名の由来は、わが国(日本)の木香の意で根が木香に似ているから「吾木香」という説がある。

藤袴(ふじばかま)
キク科の多年草。山野・川岸などに生え、茎は直立し、高さ約1メートル。葉は対生で、普通三深裂する。8、9月、淡紅紫色の頭花を枝先に密につける。生乾きの時芳香がある。秋の七草の一。大和本草』『類聚名義抄』などには「別名アララギ、ラニ、漢名蘭草、真蘭、蘭」とある。和名の由来は、花の色が藤に似て、花弁が筒状になるのが袴に似ているからという説がある。

杜鵑草(ほととぎす)
「時鳥草」「油点草」とも書く。ユリ科の多年草。丘陵や低山の湿った場所に生える。高さ約60センチ。葉は互生し、狭長楕円形で基部は茎を抱く。秋、葉腋に白色で紫斑がある花を1~3個ずつつける。花被片は6個。和名の由来は、花にある斑点模様が、不如帰(ホトトギス)という鳥の胸にある斑点模様に似ていることからとの説がある。
[PR]
by verdure4 | 2006-10-14 23:44 | 名残の花

竜胆 山芍薬の実 秋明菊 吾亦紅 藤袴

a0055073_151287.jpg

竜胆 山芍薬の実 秋明菊 吾亦紅 藤袴   花入  宗全籠

竜胆(りんどう)
リンドウ科の多年草。山野に生え、高さ20~60センチ。葉は先のとがった楕円形で三本の脈が目立ち、対生する。秋、青紫色の鐘状の花を数個上向きに開く。根・根茎に苦味成分を含み、漢方では干したものを竜胆(りゆうたん) の名で健胃薬とされる。和名の由来は、中国で「葉は竜葵(りゅうき)に似て、味は胆のように苦い」として竜胆(りゅうたん)といったものが転訛して「リンドウ」になったとの説がある。

山芍薬の実(やましゃくやくのみ)
山芍薬の袋果。袋果は長さ2~3センチで秋にザクロ(柘榴)のように裂開し、赤と黒の種子が出る。。赤色のものは受精していない種子、黒色のものは受精している種子。

秋明菊(しゅうめいぎく)
キンポウゲ科の多年草。古く中国から渡来したといわれる。キブネギク(貴船菊)ともいわれる。古くから日本で観賞用に栽培され,また一部 では野生化している。茎は直立してまばらに分枝し,高さ約70cm内外。 葉は3出複葉で,小葉はしばしばさらに3裂する。花は9~10月頃開き,紅紫色で径5~7cm,外側には緑色の萼片があり,内部には色のついた花弁状の萼片が多数あって平開し,キクの花のようにみえる。 和名の由来は、 秋に明るい色合いで咲くところからという説がある。

吾亦紅(われもこう)
吾木香とも書く。バラ科の多年草。山野に生え、高さ約1メートル。葉は長楕円形の小葉からなる羽状複葉で、互生する。夏から秋、分枝した茎の先に暗紅紫色の短い花穂をつける。花びらはない。根茎は黒褐色で太く、根と根茎を漢方で地楡(じゆ)といい、止血・解毒に利用する。和名の由来は、わが国(日本)の木香の意で根が木香に似ているから「吾木香」という説がある。

藤袴(ふじばかま)
キク科の多年草。山野・川岸などに生え、茎は直立し、高さ約1メートル。葉は対生で、普通三深裂する。8、9月、淡紅紫色の頭花を枝先に密につける。生乾きの時芳香がある。秋の七草の一。大和本草』『類聚名義抄』などには「別名アララギ、ラニ、漢名蘭草、真蘭、蘭」とある。和名の由来は、花の色が藤に似て、花弁が筒状になるのが袴に似ているからという説がある。
[PR]
by verdure4 | 2006-10-08 23:04 | 秋の茶花