西王母 灯台躑躅の照葉

a0055073_231392.jpg

西王母 灯台躑躅の照葉     花入   古曽部焼 曾呂利写

西王母(せいおうぼ)
ツバキ科ツバキ属の常緑低木。椿の園芸品種の一。一重、筒咲き、中輪、淡桃色地に紅色のぼかしが入る。花弁は長筒の中央部が膨らみ、その部分の色が濃く弁先ほど淡くなる。葉は光沢の無い黄緑色で、楕円形の中型で先端と基部とが急に細くなり、葉脈は顕著に凹んでいる。早咲きで他の椿に先がけて開花し始め、茶花によく用いられる。幕末に加賀の富樫某が作った品種という。加賀侘助の自然実生との説もある。西王母は、中国の古代神話上の女神。西方の崑崙山に住み、『山海經』に「有人、戴勝、虎齒、有豹尾、穴處、名曰西王母」(人あり、勝(かみかざり)を載せ、虎の歯、豹の尾を有し、穴に住む、名は西王母)とあり半人半獣の姿で描かれたが、のち神仙思想の発展とともに仙女化され、『穆天子傳(ぼくてんしでん)』では周の穆王が西に巡狩した時、瑶池で宴を開き、『漢武帝内傳』では「視之可年三十許、修短得中、天姿掩藹、容顏絶世、真靈人也」と絶世の美女とされ、漢の武帝に降臨して仙桃を与えたとする。道教の成立後は東王父と一組の神格とされた。能に、西王母が穆王の宮殿に天降って、不老長寿の仙桃を献上し、舞を舞い、聖代の栄えをことほぐという「西王母」があり、類曲に「東方朔」がある。西王母が漢の武帝に与えたという三千年に一度実がなる桃を西王母が桃といい、この椿の蕾が桃に似ているところからの名。

照葉(てりは)
草木の葉が紅葉したもの。開炉の時期に使われる。照紅葉(てりもみじ)。
[PR]
by verdure4 | 2007-11-26 23:14 | 開炉の花
<< 白玉椿  雪柳の照葉 寒菊 灯台躑躅の照葉 >>