カテゴリ
全体
正月の花
早春の花
春の茶花
初夏の花
夏の茶花
初秋の花
秋の茶花
名残の花
開炉の花
冬の茶花
未分類
以前の記事
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
季節の茶菓子


<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

突貫忍冬 姫百合 鳥足升麻

a0055073_0395471.jpg

突貫忍冬 姫百合 鳥足升麻  花入 宗全籠
突貫忍冬(つきぬき にんどう)
スイカズラ科の蔓性低木。葉は対生するが、茎の先のほうでは基部が合着し、葉の中央を茎が貫く。初夏、茎の先に濃紅色・朱橙色などの筒状花を穂状につける。北アメリカの原産。和名の由来は、茎が葉をつき抜けているように見えることからという。忍冬はスイカズラの別名で、冬にも先端の葉を残しているのでその名がある。
姫百合(ひめゆり)
ユリ科の多年草。山地に自生し、高さは約50cm。葉は広線形で互生。初夏、茎頂に径約6cmの広漏斗形の六弁花を二、三個上向きにつける。花色は黄赤色、濃赤色まれに黄色で、斑点がある。山丹(さんたん)。
鳥足升麻(とりあししょうま)
ユキノシタ科の多年草。山野に自生。葉は3回3出複葉。小葉は卵形又は広卵形で、先端は尾状に鋭くとがり、縁に不ぞろいの鋭い重鋸歯がある。初夏、高さ約40~80cmの花茎の頂に円錐花序を立て、白色の小花を多数つける。若葉は食用になる。和名の由来は、若芽の先が三つ又に分かれるところが鳥の足に似て、葉がショウマに似ているところからという。
[PR]
by verdure4 | 2006-05-22 23:38 | 初夏の花

紫蘭

a0055073_0355469.jpg

紫蘭  花入 一指斎好 手付籠
紫蘭(しらん)
ラン科の多年草。山地に自生し、また観賞用に栽培される。高さ約50センチ。葉は笹の葉形の長楕円形で、5、6枚互生する。初夏、花茎の上部に紫紅色の花を数個つける。塊茎を漢方で白及(びやつきゆう)といい止血・排膿などの薬とする。紅蘭(べにらん)。朱蘭。
[PR]
by verdure4 | 2006-05-15 23:34 | 初夏の花

鉄線

a0055073_14355347.jpg

鉄線(てっせん) 花入 竹手付
キンポウゲ科のつる性の木質多年草。中国原産。日本には寛文年間(1661~1673)に渡来し、観賞用に栽培される。茎は細く長く伸び、羽状複葉を対生。初夏、白または紫色で花びら状の萼(がく)を6枚もつ大形の花を開く。近頃テッセンと呼ばれるものは、風車(カザグルマ)の改良種が多い。風車は萼片が8枚で花がずっと大きい。クレマチス。鉄線蓮。鉄線花。和名の由来は、茎が鉄線のように堅く伸びることからという。
[PR]
by verdure4 | 2006-05-06 23:34 | 春の茶花