カテゴリ
全体
正月の花
早春の花
春の茶花
初夏の花
夏の茶花
初秋の花
秋の茶花
名残の花
開炉の花
冬の茶花
未分類
以前の記事
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
季節の茶菓子


<   2006年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

寒牡丹

a0055073_0163791.jpg

寒牡丹  花入 古曽部焼 曾呂利写

寒牡丹は、冬に咲くように栽培した牡丹です。ふゆぼたんとも言います。カンボタンという品種はなく、在来種を品種改良した二季咲き性のものを、春につく蕾を残らず摘み取り、夏の終わり頃に葉を切り取ると、新たに蕾と葉が生じてくるが、これを霜に弱いので初冬から霜囲いをし、暖かいところに保護して冬に開花させるものです。花は夏咲きに比してやや小型になり、多くは白、桃、紅赤色の半八重だそうです。
[PR]
by verdure4 | 2006-01-23 23:16 | 早春の花

初釜の花

a0055073_12361525.jpg

曙 結び柳   花入 竹尺八
扇面   吉兆初代筆  (白寿の年に・・・)  寿  
訶梨勒掛けて
訶梨勒(かりろく)は、梵語で「Haritaki」という植物で、日本には鑑真和尚が請来したとされます。その訶梨勒の実に模った袋に12個(12ヶ月を意味する)の訶梨勒の実を入れ、陰陽五行を表す五色の組紐で稲穂を編み四季を表し、相阿弥の『御飾書』に「一、かりろくとて柱飾なり」とあり、室町頃には書院の柱飾りとなっています。諸病を治すという「訶梨勒」の訶子の効力を尊び、無病息災や邪気払いに用いたとおもわれ、お正月や慶事に床の間にかけられます。
a0055073_12425953.jpg

曙 (あけぼの) は、ツバキ科ツバキ属の常緑低木。曙椿(あけぼのつばき)ともいう。京ツバキといわれる園芸品種の一。淡桃色の一重、大輪で、蕾は丸い。椀咲き、筒しべ、葯が大きく黄金色で、花弁はしわが少なく厚みがある。花期11月~4月。葉は楕円の中形、肉厚。茶花に用いられる。和名の由来は、花の淡紅色がほのぼのして、曙の空であるかのようでこの名があるという。茶花としては他の椿同様に蕾を使います。
[PR]
by verdure4 | 2006-01-09 22:34 | 正月の花