カテゴリ
全体
正月の花
早春の花
春の茶花
初夏の花
夏の茶花
初秋の花
秋の茶花
名残の花
開炉の花
冬の茶花
未分類
以前の記事
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
季節の茶菓子


白侘助  雲龍梅

a0055073_0192613.jpg

白侘助  雲龍梅     花入  唐銅耳付

白侘助(しろわびすけ)
ツバキ科ツバキ属の常緑低木。花は白色、一重で小さく、猪口咲き。花期11月~3月。雄しべの筒は不規則に裂ける。雄しべの葯が退化した侘助椿の代表で白花は本種のみ。子房に毛が密生するものが多い。実はできない。炉の季節に合わせて咲くため、冬から春の茶花として人気が高い。一重ツバキとチャノキの雑種といわれる。白侘助の名は、天明9年(1789)伊藤伊兵衛の『諸色花形帖』に初出し、早咲きの部に「極白チョク咲き上々 見事ナリ」とある。

雲龍梅(うんりゅうばい)
バラ科の落葉高木。中国原産。野梅系の早咲き品種。枝が自然に曲線状に生長し、龍のようにうねりのある枝ぶりから雲龍の名がある。香篆梅(こうてんばい)ともいう。江戸時代末期頃から庭木として栽培されていたというが、雲龍梅の名は宝永6年(1709)刊『大和本草』、小川安村の明治25年(1892)刊『梅譜』にも見えない。
[PR]
by verdure4 | 2007-01-10 23:18 | 早春の花
<< 加茂本阿弥 彼岸桜 結び柳 >>